カテゴリー「それはまた、別のはなし。」の投稿

2017年8月 9日 (水)

米米の日

ホントの「米米の日」になった。

 
8月8日は「米米の日」!
米米CLUBトークイベント(代々木/山野ホール)に行ってきました。
 
これまでのMVを観ながらのトーク、めっちゃ面白かった〜
やっぱり米米は、カッコ悪くて、カッコいいわ。
 
Fullsizeoutput_1e37 
9人揃って、仲良さそうなのが、何より良かった。
小野ちゃんはセットの一部っぽかったけど、それはそれで…いつも通りか(笑)
 
米米メンバーが、過去の米米を見て、笑って、恥ずかしがって…
ホントの「米米の日」でした。
 
   *   *   *   *   *
 
米米も、いろいろあったな〜
(僕は再結成後からが本腰やけど)
 
結成から6年かかってメジャーになり、
個性を発揮し、ミリオンヒットに至る全盛期を迎える。
メンバーの脱退を経て、その後解散。
9年後、脱退メンバーも参加して期間限定で再結成。
そして、期間限定を撤回、「永遠に続けるぜー!」宣言。
 
今日、9人の顔を見て思った。
やっぱり「米米がやりたかった」んやな〜って。
 
   *   *   *   *   *
 
人気に伴うのはビジネス、ビジネスは生モノ。
ビジネスを優先すれば、身体もついていかないし、「らしさ」が失われる。
「らしさ」を追求すれば、鮮度を失い世間から外れてしまう。
 
     客よし、店よし、世間よし。
 
テレビで笑福亭鶴瓶さんが言ったのを引用するけど、
どれかひとつだけが潤ってもダメなんやよね。
 
ビジネス的に考えたら、サザンとか矢沢とかの「安パイ」だけで食っていけるんかもしれん。
でも、米米みたいな「実験的」であり、「中毒性」のあるものも、ニーズがある。
地方の赤字路線のように、ドル箱路線を担保に、赤字のままでも、そこにお客がいる限り継続させないかんこともあんのよ。その器の大きさが、世間から受け入れられて店も潤う。
 
再結成の時には、脱退メンバーも戻ってきた。
やっぱり「あの頃の米米をもう一度」やりたかったんかな。
 
だって、インタビューに「今さら人気があろうがなかろうが関係ない」って言ってしまうんやもん。それに、今回発売するアルバムかて、最後とは限らんのに“LAST”ってつけたのは、「その方が売れるから」やもん。(笑)
(ある意味、ビジネス意識してるけど…)
 
Edge17081501550x537 
この表情見てよ。
楽しくてしょうがないってのがわかるやん。
やっぱり、あの野蛮で過激な米米を、あのメンバーでやりたくてたまらんのやろね。
だからみんな戻って来た。
 
誰かが脱退したって、気が変われば、一度「解散!」って言うといて、
リセットして、体調整えて、すぐに「再結成!」って初期メンバーに戻ったって、米米みたいな個性あふれるグループなら許されるやろう。
(運営側は大変やろうけど…)
 
解散コンサートを2曲で終わらせるんやもん(笑)
 
独自路線を進み、器の大きい会社・プロデューサーに見守られ、ファンが待っていて…
…かつ、本人たちがやりたがってるんなら。
そんな恵まれてるグループは少ないかもしれんけど、それだけ魅了される人(ファンもスタッフも会社も)が多いなら、自然と条件は揃う。
 
    ファンよし、メンバー良し、スタッフよし、世間よし。
 
ソロ活動や、スピンオフユニットが続いて(それはそれで楽しかったけど)、
もう半ば「米米CLUB」としての活動再開はないと諦めかけてた時の一報に、
叫んで喜んだ、僕の本能の歓喜は、今でも忘れない。
 
待たせた分だけ、暴れるで〜
まぁビジネスも大事やから、グッズも買うで〜
 
 
 
4年半さすがに長かったけど、ゆっくり待ってて、ほんまに良かったと思う…。 
 
待つのも大変やけど、待たせるのはもっと大変。
彼らの「MATA©️TANA」に、全力で応えねば。
※「MATA(C)TANA」→Wikipedia
 
(なんかエラそうに書いてすんません)
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 2日 (水)

子供の事情、大人の事情

(2017.7.27)

先日、久しぶりに三谷幸喜さんの舞台を観てきました。

 
シス・カンパニー公演
三谷幸喜 作・演出
『子供の事情』 
 
“芝居のうまい子役がなかなか揃わず、芝居のうまい大人の役者に集まって貰うことにしました”
“出演者全員が10歳を演じます”
 
もう封切り前から面白いに決まってるやんって思ってたけど、予想以上やった。
 
Fullsizeoutput_1d96  
キャストも豪華やし、バッチリハマり役になってたし。(当て書きやからね)
伏線の演出もスゴいなぁ。ほんまに尊敬します。
いやぁ〜三谷コメディここにあり!やね。
めっちゃ笑ったし、めっちゃ考えさせられた。 
 
10歳かぁ〜、あの頃って、あんなキャラの子おったなぁ〜
懐かしいけど、ほとんど覚えてないわ。
 
やっぱり舞台ってええなぁ。
 
    *   *   *
 
(2017.7.29)
日は変わって、週末に「もが単(7.30)」が大阪であるんで、1日早く帰阪。
友達に帰省するって言うたら、飲み会段取って来れた。
 
Img_7144_2 
そして恒例の思い出話。
忘れっぽい灰色の脳細胞を持つ僕には、いい刺激やわ。
ほんまに忘れかけてた事がよみがえったり、その点と点が繋がったりして、ええボケ防止になる。
 
そうやなぁ、それこそ10歳、そのあたりからの付き合いやもんなぁ。
この頃の“子供の事情”っちゃ、席替えやら、グループ(派閥)とかあったんやね。
怒られたキッカケで友達んなったりとか(笑)
グループ分けの裏でうごめく陰謀や、先生の“はからい”とか(笑)
学級新聞にまつわる不祥事や、打ち切りの真相とか(笑)
 
子供の事情って…結構コワイな。
 
思い出話にふけってる最中に飛び込んで来た「もが単中止」の一報も、この仲間で会えただけでも十分帰阪した甲斐があった。
 
    *   *   *  
 
もがちゃん、ゆっくり休んで、また来てよ〜
もがちゃんの事情は十分察してる(つもり)。
「もが節全開!」ってのを楽しみにしてるんやから、回復したらまた機会作ってちょうだい。
あと2チェキも何卒…とぞ、とぞ…。(🙏)
 
週末は実家でゆっくり過ごそ。
仕事の事情を忘れて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月21日 (水)

ふりむかないで/米米CLUB

思うようにいかない、チケットゲットの行方。

米米CLUB
「a K2C ENTERTAINMENT TOUR 2017 〜おせきはん〜」





追っかけのためにチケット確保中やけど、肝心の神奈川公演がはずれて、プレイガイドでトライすることに。

初日(三郷)、大阪(明やん)、ファイナル(神戸)はなんとかゲットしたから、一安心。

あとはいろいろと抽選結果待ち。

ほんで、凱旋となる茨城公演については、プレイガイドに出てくる気配がなくて不安。

テッペイちゃんファンクラブでもちょっと申し込んどけば良かった〜(後悔) あん時、金欠やったからなぁ…

もうちょっと根気強くアタックせなね。

ホテルは抑えてるし、飛行機もぼちぼち手配、新幹線も。

ほんまは、ひとりでも多くの人に、初見さんにも観てもらいたいから、あんまりチケット欲張っちゃあかんのやろうけど、見送った時の後悔ったら…

前も、横浜で公演があった時に、仕事でチケットなかったんやけど、当日にスポッと仕事片付いて、会場の前まで行った。なぜか思い直して「ま、また次の機会あるやろ」って帰ったら、ブランク4年やもん。めっちゃ後悔。

だから、ガツガツとは動かんけど、それなりに追っかけまっせ。

ミナちゃんも言うてたけど、「米米はこれを逃したら、次はいつあるかわからん」もん。

今回だけは、ふりむかないで行きたい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 7日 (水)

今んとこ、ブログってます。

ブログを再開すると言って、2ヶ月経ったか。

我ながらよく続いてると思う。
(週一でたった2ヶ月やけど…)
 
しがない一般社会人、芸能人やないし、そないブログのネタが転がってるワケもない。
おのずと、でんぱ組やら、米米CLUBネタになってる。
まぁ、イライラ物申すネタは山ほど転がってるけど。この「物申す」ネタって、結構整理して文章考えんと、誤解を招くから、なかなか労力使う。でも、ブツブツ言うだけのブログやないしね。
朝ラン写メで回数稼ごうと企んでたけど、足が故障しててマラソンもできずで(泣)
オリモは匿名やし、そういう意味でもネタに制約が出てくるし。
実はここ最近、生活スタイルというか、生活パターンがちょっとだけ変わったんやけど、これもあまり書けん。
 
(あ、別に「やっぱりブログやめます」ってオチではないんでご心配なく)
 
   *   *   * 
 
「ブログります」と宣言して良かったと思ってんのが、「毎週ブログ書く」と設定したこと。
 
なんか…雑誌とかの連載を持ってるみたいな(笑)
なんか…「締め切りが…」って伊佐坂先生みたいな(笑)
なんか…売れっ子作家になったような(笑)
 
ほんのちょっとやけど、その設定が“やる気スイッチ”になってる。
 
性格的に、「追い込まれなやらん」タチなんで、締め切りとかの目標がないと動かないオリモ。
 
毎週投稿することで気づいたことがあって、ネタ探しに苦労してたんじゃなくて、「思ってることを整理する」ための時間がなかっただけ。
 
ブログネタは、実は頭ん中にいっぱいあんのよ。
 
締め切りを設定したおかげで、毎週、必ずパソコンに向かって集中する時間ができた。
 
頭で思ってることを文章に起こす作業。
 
この作業ってなかなか、頭の体操になってるし、さっきのようなイライラ思ってることも、整理して文章にしてみると、「あっ、これはちょっと僕のエゴやな」とか、「これは今一度他の人の意見もリサーチすべきやな」って思い直したりする、いいキッカケにもなってる。
 
この、定期的に頭を整理する機会が、今まで無かったんやな。
 
いい刺激になってる。
いい習慣になってる。
 
このブログ、もうちょっと、見守っててください。
たぶん、何の変化もないやろうけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月31日 (水)

追いかけて/米米CLUB

9月からの、米米CLUB 全国ホールツアー『a K2C ENTERTAINMENT TOUR 2017 〜おせきはん〜』に向けて作戦を練っとります。

 

ここらでひとつ…、関西から東の公演は追いかけるつもりです!

 

もうすでに、テッペイちゃんファンクラブ先行で、チケットはいくつか確保!

 

ライブは4年半も待たされたんやもん。

次はいつになるかわからんもん。

 

本音を言えば、このツアーが大成功して、毎年やれるようになれば、これほど嬉しいことはない。

まぁ、米米も、ファンも、歳が歳やしね(笑)、毎年とまではいかんでも、「これはまた次あるなッ!」って感触だけでもつかんでおきたいトコロ。

 

小規模でもいいから、“米米CLUB”を観たい。

スピンオフユニットもいいけど、やっぱり“米米CLUB”を観たい。

おバカやってる“米米CLUB”を観たいんよ。

米米サウンドを聴きたいんよ。

 

Img_6664 

明やんからのリポートで、僕と米米との出会いは中一の時やと判明。

それから高校ん時に初めてのコンサート。

スケール感の大きさと、笑い溢れるステージに魅了された。

 

「米米はアリーナがよく似合う」といつも僕は言うてるけど、たとえライブハウスでも、米米CLUBそのものが、スケール感に溢れてるんやから…

 

…続けてほしい。

 

まぁ、今年は今年で、踊りに行きます。

楽しみます! 

 

それにしても、大阪と兵庫はなんで平日なんや〜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月10日 (水)

米米CLUBとの出会い

前回の「でんぱ組との出会い」の続編は、その「出会った日」にまた。

次は、米米。
 
米米との出会いは、アナログやったな〜。
 
もう、何歳の時やったかは、判明は無理やろう。
高校時代が米米一色やったから、中学生の後半やろな。
 
きっかけは、
 
   ♪浪漫飛行
 
今でこそ有名な「浪漫飛行」の曲がテレビから流れてよく耳にしてるうちに、CDが欲しくなったんやけど、その時は“曲名”がわからんくて、「コメコメクラブ」というユニークなバンドとしか手がかりがなかった。
 
あの頃やで、
ケータイも無きゃ、インターネットも無い。
YouTubeもないそんな時代。
 
バンド名だけを頼りに、二色の浜駅前のCD屋に行った。
 
曲名がわからんもんやから、棚に並んでるアルバムから、1つを適当に手にとって買ったんよ。
店員に鼻歌披露する勇気もなかったし、視聴コーナーもなかったし。
 
結果は、見事にハズレ。
浪漫飛行は入ってなかった。
 
ほんで、お母ちゃんに無理言うて小遣いもろて、続けてもう1枚アルバム買うたら、
またまたハズレ。
 
その買ったアルバムが「GO FUNK」と「5 1/2(“ごはん”と読みます)」。
 
00290507_02227_2
 
00290507_01654
 
このアルバム聴いてるうちに…ハマったワケです。
 
まず衝撃やったんは、歌のない、インストだけの短い曲が1曲目に入ってたコト。
それと、あの頃は意識してなかったけど、ホーンセクション(BIG HORNS BEE)に魅了されたコト。
そして、アーティスティックなジャケットに、僕のデザイン魂に火がついたのかも。
特に「5 1/2」のCDジャケットって、めっちゃ手が込んでて、「どうやって生産してんのやろ?」って興味津々やった。
 
浪漫飛行の入ってるアルバムは「KOMEGUNY」やってんけど、
もし、いきなり正解のアルバムを買ってたら、「浪漫飛行」しか聴かずに終わってたかも。
 
00290507_02329  
アナログなハズレが、僕と米米との出会い。
 
もう今はあのCD屋はなくなってしまったけど、いつも米米のCD買うのはあの店やったなぁ。
ほんで特典ポスターもらうのが楽しみやった。
 
今でも二色の浜駅を使うたびに、思い出す。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月12日 (水)

茨城凱旋ッ!

米米CLUB

「a K2C ENTERTAINMENT TOUR 2017 〜おせきはん〜」
 
詳細未定となってた茨城公演がついに発表、テッペイちゃんとミナちゃんが茨城に戻ってくる!
 
「 おかえり〜! 」
 
と、ぜひ叫びたい。
 
僕も就職してから今の横浜赴任までの8年間は、茨城県民やったし。
僕も凱旋するか〜(誰かワッショイワッショイしてくれんかな)
 
これは行くしかなーい!
(みりんちゃん風) ←やっぱりでんぱかいッ
 
Komekome2017 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 5日 (水)

今日からレディースになります

最近、足の調子が「ん〜?」な感じで、違和感というか、不具合というか、土踏まずが痛くて、走りに支障がでてきた。

これはシューズが悪いんかなと思って、足のサイズをいっぺんちゃんと測ってもらおうと、ニューバランスファクトリーに行ってきました。ニューバランスにしたのは、えいたそがモデルとして撮影しとったから💛
 
Image1_1
 
あれこれ細かく測ってもらって…驚愕の事実。
 
実は僕の足のサイズって…
 
23.0cm!
 
え゛ーッ!?
 
いやいや、いつも25.5cm履いてるんやけど! 
 
測ってくれた店員のお姉さんを疑って、自分でもメモリみたけどやっぱり23!
余裕みても23!
テキトーにやっても23!
ちょっとストレッチして、もう一回測っても23!
店内一周まわってワン! …やなくて、一周しても23!
 
もう現実を受け止めて、この「23」に合うシューズを探してもらったら、
 
「メンズにはありません」って(汗)
 
そもそも、メンズは最小で24cmからで(NBさんの場合)、
しかも僕の足の幅がかなりワイド4Eで甲高の「特殊な」足らしくて。
 
「ピッタリなのは…ユニセックスにもない…です」って(泣)
 
店員さんの方が焦ってきて、逆に申し訳ない。
(ファクトリーなんで全種類在庫はあるんやけど)
 
しょうがないので、製品の中で一番近いサイズのものを履いてみたら、
確かに、自分の足が23ってのを実感したのよ。
 
ほんまに、今までは何やったの?
 
つまり、今までシューズが全然合ってなかったってこと。
無理にヒモで合わせてたってこと。(そない無理感はなかったけど)
そもそも、23cmのシューズなんてなかった(だろう)ことが、サイズ違いの始まりかも。
 
そういや、ボウリング場のレンタルシューズ、いっつも25でも大きいと思ってたけど、やっぱりそういうことやったんか。(スコアが悪いのはそのため〜にしとくか)
 
もう…衝撃すぎて。
 
結局、レディースで最もサイズが近いのがあったんで、それにしました。
 
もうここまでくると、形やデザインの選択肢も全然なくて、お色目もレディース向け色の「エメラルドグリーン(ねむきゅん💚色) 」か「パープル(もがちゃん💜色)」しかないらしく、一応両方見てみたかったんやけど、店員さんはグリーンしか持ってこんかった。
 
オ 「あ、あの…パープルは?」
店 「あ〜、なかなかのカワイイ💕パープルですんで…」
 
…もがちゃん💜色は見せてもくれんかった。
(さすがに察したよ)
 
履いてみて、ピッタリサイズじゃないんで、最初はやっぱり、しっくりこんのやけど、そこはソールでの調整と、ヒモの結び方を教えてもらって、なかなかGOODなシューズが完成ッ。
店員さん、ほんまにありがとう。いろいろと細かく調整してもらって。
 
Fullsizerender_1
 
と、いうワケで、
 
今日からレディースですわよ♡
永遠の23……センチよ♡
 
店を出て、今までのシューズをまた履いて帰ったんやけど、やっぱり正しいフィット感を味わっただけに、気持ち悪くなってきて、すぐに 買ったばかりのシューズに履き替えてしまった。
 
「これが靴なんか」
 
裸足で生活してるアフリカの原住民が靴に出会ったような衝撃。(どんなや)
 
ちょちょちょっとセンチメンタル!
また走りますでぇ、止まらんよマイウェイを!
 
次の大会は来月、クレヨンしんちゃんの街を走ります。
 
※ あ、男の人が(足の形のために)レディース履くのも、別にオカシイことではないそうです。…ので、ディスらないでね♡
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 1日 (土)

お赤飯炊かなきゃ!

晴天の霹靂とは、こういうことか。

米米CLUB全国ホールツアー
『a K2C ENTERTAINMENT TOUR 2017 〜おせきはん〜』
9月から全国13公演予定
 
00290401_00009
 
会社のお疲れさん会の途中、ふとスマホに飛び込んできたニュースに、思わず叫んでしまった。
 
ほんまに、ほんまに、待ってたんよ。
4年半ぶりかぁ〜 待たせてからにッ。
 
やっぱり見たいのは「米米」なんよ。
これまでちょくちょく米米と過ごしたとかってつぶやいたりもしてきたけど、それも全員集合ではなかった。3年連続の年越しカウントダウンもそう。米米メンバーやったけど、「米米」ではなかった。(いや、どれも楽しかったけどね)
 
やっと…
長かったな…
 
前のライブから4年半やもん。
もう米米としての活動はないんかなぁって、半ば諦めかけてた。
スピンオフユニットとか、ソロのライブには、ちょいちょい顔出してたけど、心のどこかで、
 
   「米米CLUB また始めます!」
 
って言ってくれんかと期待してたんやけど。
 
ここにきていきなりの発表、なんの前触れもない発表やったもんで。
まぁ、彼ららしいっちゃらしいけど。
 
実は照れ屋で不器用で多くを語りたがらない人たちやもん、しょうがないかッ。
 
今度はどんなビジュアルなん?
どんな舞台セットなん?
どんな衣装なん?
もう、楽しみだらけで待ち遠しい。
 
00290331_223709  
しかも、ここ神奈川だけ2days!!
ありがとぉ!
(…なんで、今年は大阪のお祭り帰省はありません。ごめんなさい)
 
踊る準備もせなね。
 
そうや、ちょうど昨日、ブログのタイトルデザインを変更したばっかやったんよ。(PC版のみ)
「ど米米仕様」から「ちょっとでんぱ寄り仕様」に…。
 
<変更前>
Blogollimo_title_201410_2
   ↓
<変更後>
Ollimoblog_20170330_2 
……。
 
えっ…?
 
…ん!?
 
もしかして、それに抗議しての発表やったりして!?
(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月30日 (木)

お向かいさんと向かい合って

こないだ(3月25日)、三谷さんの舞台観てきました。

(ネタバレ少々)
…けど、ブログに書いてもな〜 伝わらんやろな〜
 
三谷幸喜 作・演出
『不信 〜彼女が嘘をつく理由』
 
Fushin_fly
タイトルだけではシリアスなんかと思いきや、やっぱりシリアス(生生しい)やった。コメディタッチなサスペンス。ん〜表現が難しい。
 
今回は演出もよかった。
4人芝居、2つの空間、1つの舞台。
そして、他のお客さんの顔が見える。
これも表現が難しいけど、「ほぉ〜」ってなった。
…と言うのも、客席がこんな感じ。
 
00290330_225206
 
舞台の奥に、お客さんの顔が見えるんよ。これがテーマと合わさって秀逸。
(これはホームページで案内されています)
 
僕の席が、ど真ん中の一番うしろやってんけど、
役者さんが“窓の外を見る”時に、ほぼ僕と目が合って・・・
優香ちゃんにあんなに見つめられたら、惚れてしまうわッ。こっちが目を反らせてしまったわ。
 
三谷コメディほどの笑いドップリではなかったんやけど、ゾッとする人間心理みたいなもんが散りばめられて、緊張と緩和も笑いに。戸田さんの演技は迫真過ぎてちょっと怖かった〜。
 
客席もお向かいさんなら、ストーリーもってな感じです。(言えませんが)
これぞ舞台やね。これはその場にいないと味わえん演出やから、DVDになったとしても、ちと物足りんかも。
 
三谷さんの発想には毎回頭が下がります。
僕も、もうちょっと腰を下ろして、いろいろと発想してみたいと思うけど…
それにしても「あのイス」、どうやって動かしてるんやろ(笑)
ちょっとリケダンの血が騒ぎました。
 
(全然伝わらんかったと思います。あくまで自分への覚え書きです)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧