« 子供の事情、大人の事情 | トップページ | 甲子園de社会見学 »

2017年8月 9日 (水)

米米の日

ホントの「米米の日」になった。

 
8月8日は「米米の日」!
米米CLUBトークイベント(代々木/山野ホール)に行ってきました。
 
これまでのMVを観ながらのトーク、めっちゃ面白かった〜
やっぱり米米は、カッコ悪くて、カッコいいわ。
 
Fullsizeoutput_1e37 
9人揃って、仲良さそうなのが、何より良かった。
小野ちゃんはセットの一部っぽかったけど、それはそれで…いつも通りか(笑)
 
米米メンバーが、過去の米米を見て、笑って、恥ずかしがって…
ホントの「米米の日」でした。
 
   *   *   *   *   *
 
米米も、いろいろあったな〜
(僕は再結成後からが本腰やけど)
 
結成から6年かかってメジャーになり、
個性を発揮し、ミリオンヒットに至る全盛期を迎える。
メンバーの脱退を経て、その後解散。
9年後、脱退メンバーも参加して期間限定で再結成。
そして、期間限定を撤回、「永遠に続けるぜー!」宣言。
 
今日、9人の顔を見て思った。
やっぱり「米米がやりたかった」んやな〜って。
 
   *   *   *   *   *
 
人気に伴うのはビジネス、ビジネスは生モノ。
ビジネスを優先すれば、身体もついていかないし、「らしさ」が失われる。
「らしさ」を追求すれば、鮮度を失い世間から外れてしまう。
 
     客よし、店よし、世間よし。
 
テレビで笑福亭鶴瓶さんが言ったのを引用するけど、
どれかひとつだけが潤ってもダメなんやよね。
 
ビジネス的に考えたら、サザンとか矢沢とかの「安パイ」だけで食っていけるんかもしれん。
でも、米米みたいな「実験的」であり、「中毒性」のあるものも、ニーズがある。
地方の赤字路線のように、ドル箱路線を担保に、赤字のままでも、そこにお客がいる限り継続させないかんこともあんのよ。その器の大きさが、世間から受け入れられて店も潤う。
 
再結成の時には、脱退メンバーも戻ってきた。
やっぱり「あの頃の米米をもう一度」やりたかったんかな。
 
だって、インタビューに「今さら人気があろうがなかろうが関係ない」って言ってしまうんやもん。それに、今回発売するアルバムかて、最後とは限らんのに“LAST”ってつけたのは、「その方が売れるから」やもん。(笑)
(ある意味、ビジネス意識してるけど…)
 
Edge17081501550x537 
この表情見てよ。
楽しくてしょうがないってのがわかるやん。
やっぱり、あの野蛮で過激な米米を、あのメンバーでやりたくてたまらんのやろね。
だからみんな戻って来た。
 
誰かが脱退したって、気が変われば、一度「解散!」って言うといて、
リセットして、体調整えて、すぐに「再結成!」って初期メンバーに戻ったって、米米みたいな個性あふれるグループなら許されるやろう。
(運営側は大変やろうけど…)
 
解散コンサートを2曲で終わらせるんやもん(笑)
 
独自路線を進み、器の大きい会社・プロデューサーに見守られ、ファンが待っていて…
…かつ、本人たちがやりたがってるんなら。
そんな恵まれてるグループは少ないかもしれんけど、それだけ魅了される人(ファンもスタッフも会社も)が多いなら、自然と条件は揃う。
 
    ファンよし、メンバー良し、スタッフよし、世間よし。
 
ソロ活動や、スピンオフユニットが続いて(それはそれで楽しかったけど)、
もう半ば「米米CLUB」としての活動再開はないと諦めかけてた時の一報に、
叫んで喜んだ、僕の本能の歓喜は、今でも忘れない。
 
待たせた分だけ、暴れるで〜
まぁビジネスも大事やから、グッズも買うで〜
 
 
 
4年半さすがに長かったけど、ゆっくり待ってて、ほんまに良かったと思う…。 
 
待つのも大変やけど、待たせるのはもっと大変。
彼らの「MATA©️TANA」に、全力で応えねば。
※「MATA(C)TANA」→Wikipedia
 
(なんかエラそうに書いてすんません)
 

|

« 子供の事情、大人の事情 | トップページ | 甲子園de社会見学 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109770/65643616

この記事へのトラックバック一覧です: 米米の日:

« 子供の事情、大人の事情 | トップページ | 甲子園de社会見学 »